CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
集英社文庫「大あくびして、猫の恋 猫の手屋繁盛記」かたやま和華

JUGEMテーマ:ライトノベル

ひょんなことから猫になった旗本の息子、宗太郎は、人の姿に戻るため日々善行を積む。道ならぬ恋をする男女の手助けをと思いきや、自らの許婚が登場して──。大人気「猫の手屋シリーズ」第三弾。

(Amazonより)

 

 

怪談気味のエピソードあり、許嫁登場ありとエピソードのバラエティに富んだ3巻目。

このまま琴姫も準レギュラーでラブコメしてほしいところですが、どうでしょう。

お気に入りのシリーズなので、続いてほしいなぁ…。

| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
TOブックス「本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第一部 兵士の娘2」香月美夜

JUGEMテーマ:ライトノベル

見知らぬ世界で、貧しい家の幼い少女マインに生まれ変わってから一年。おまけに「身食い」に侵されて寝込んでばかり。近所に暮らす少年・ルッツの助けもあって、ようやく本格的な「紙作り」が始まるが……さて、一体どうなるやら?

(Amazonより抜粋)

 

 

 

椎名優さんの表紙に惹かれた1巻がまあ面白くて、期待しての2巻だったけど、よくあるパワーダウンもなくこれまた面白いこと。

(ここネタバレ)「身食い」だけでなく、ルッツに「中身」の話も出て、少しづつでもきちんとやっていく感じがいいですね。構成力!

あと今回は前より少し挿絵が多かったかな?とにかくマインが可愛く描かれていて、これも満足。

なかなかのヒキをかましてくれたので、速攻3巻を借りたい…予約するしかないかなぁ。

 

地元図書館、春から指定管理に代わったんだけど、ラノベ棚が一気になくなり、蔵書の追加も減った感じ。スゲー探しにくくなった。

これまではラノベ優遇っぽかったというか、利用者やリクエストが多かった理由の一つはラノベだったんだと思うけど、それをなくしてイメージを変えたいんだろうなぁ、残念。
 

| ライトノベル | 04:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
宝島社文庫このミス大賞シリーズ「スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 今日を迎えるためのポタージュ」友井羊

JUGEMテーマ:ライトノベル

シェフ・麻野が日替わりで作るスープが自慢のスープ屋「しずく」は、早朝にひっそり営業している。狩猟中に奇妙な体験をする「山奥ガール」、ひきこもりの友人が抱える真相を探る「レンチェの秘密」など、心温まる全4話。

(Amazonより抜粋)

 

 

短編で、スープ共に麻野がざくざく推理をしていくシリーズの第2弾。

今回もいい話が多く、また、「しずく」の設定にも迫る過去編のようなエピソードもあり、大変良かった。

クラムチャウダーとかジビエのスープとか、気になる…食べてみたい…。

個人的にはまだまだ続けていただき、最後には理恵が幸せになるといいんだけど。

そもそも今後の刊行予定はどうなんでしょう。

 

 

 

 

| ライトノベル | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電撃文庫「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 6 -ワン・サマー・デイ-」時雨沢恵一

JUGEMテーマ:ライトノベル

第三回スクワッド・ジャムの死闘から約一ヶ月。“20260816テストプレイ”のミッションとは、最新AI搭載の敵NPCが守る“拠点”を攻略するというもの。レンが目の当たりにするNPCの脅威とは。もう一つのソードアート・オンライン第6弾!!

(Amazonより抜粋)

 

 

ラストでビックリ…最終的に、このエピソードはまるまる、何かの伏線っぽいんですが、これがどういう展開になるのか…ううん、ドキドキしますよ。楽しみ。

それにしてもマシンガンラバーズの本当ならリア充くんのリアルのその後が気になって仕方ありません…また続きいれてくんないかなぁ…。

イラストは可愛いし、まだまだ先が読みたいシリーズですね。

そろそろJKのみんなも再活躍(リアル込み)しても読者は怒らないと思うよ!

| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電撃文庫「ソードアート・オンライン 19 ムーン・クレイドル」川原礫

JUGEMテーマ:ライトノベル

アンダーワールドは、三百年に及ぶ争乱の果てに、ついに一つになった。“アンダーワールド大戦”のその後を描いた“アリシゼーション編”最後を飾るエピソード!

(Amazonより抜粋)

 

 

あっ、まだアンダーワールドなの…?リアルはどうなったの!?

というガッカリ感が先に出てしまったのでありますよ。

外伝的扱いでもおかしくないアフターエピソードなんだけど…まあよっぽど作者さんがお気に入りなんだろうね…。

内容的にはつまんないとかはないから、仕方ないかなぁ…。

| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電撃文庫「はたらく魔王さま! 14」和ヶ原聡司
評価:
和ヶ原聡司
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
¥ 637
(2015-09-10)

JUGEMテーマ:ライトノベル

マグロナルド幡ヶ谷駅前店店長・木崎が幼なじみと激闘を繰り広げた『マグロ店長会議』のほか、『魔王の破けたズボン』『芦屋の圧力鍋』『魔王新しい携帯を買う』など、書き下ろし中編を含む全6編でお贈りする特別編!

(Amazonより抜粋)

 

 

今回の主役は芦屋…というくらい、インパクトが強いんだけど。

主婦業にかかわるシーンが実に細やかで説得力があり…。

でも「マグロ店長会議」も「はたらく前の勇者さま!」も非常に良いエピソードで、もう文句なしの外伝短編集。

ちょっと長い目で見た時のタイミングの問題はあるけど…13巻の続きが気になって気になって、正直、あれ?短編集?って思ってちょっとがっかりしたのは否めないんだけど…でも読み始めると面白くてそのちょっとショックは忘れちゃったんだよね。

面白いんだよ、ホントにはずれのないシリーズだなぁ。

 

| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電撃文庫「狼と香辛料 18 Spring Log」支倉凍砂
評価:
支倉凍砂
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
¥ 680
(2016-09-10)

JUGEMテーマ:ライトノベル

旅の続きの物語がついに登場!ホロとロレンスが温泉地ニョッヒラに湯屋『狼と香辛料亭』を開いてから十数年。電撃文庫MAGAZINEに掲載された短編に加え、書き下ろし中編を収録。ホロとロレンスの“幸せであり続ける”物語を、ぜひその目でお確かめください。

(Amazonより抜粋)
こちらは甘い!とにかく甘い!ガールズレーベルの恋愛小説かってくらい。もうどっぷり楽しめます。
シリーズファンなら全く文句などあろうはずがない。ありがとうございますありがとうございます楽しいです。
絵もいい、展開もいい。幸せ。
私にとって(つまり多くの読者とは反対に)ミューリとコルが過ぎ去りし青春の硬さをほろ苦く感じさせる楽しさであれば、ここからのホロとロレンスはかくありたしという理想としての楽しさであり、こういう対比をも意識して描けるのは作家の力量なのかな。
出来れば、本当の旅の終わりまで読んでみたいという欲望にも駆られます。
こっちも続編を見たいなぁ…。
| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電撃文庫「新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙」支倉凍砂
評価:
支倉凍砂
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
¥ 680
(2016-09-10)

JUGEMテーマ:ライトノベル

ついに新シリーズ開幕!賢狼ホロと行商人ロレンスの旅路に付き添った放浪少年コルは青年となり、二人の娘兄妹のように暮らしていた。そしてコルの旅立ちを知ったお転婆なミューリは、こっそり荷物に紛れ込んで家出を企てた。二人の旅が幕を開ける!

(Amazonより抜粋)

 

 

いやあー、面白かった!本編(ホロとロレンス)と同時刊行で、どっちから読もうかと迷ってこちらから。

まず、表紙が合わせて1枚の絵になるんですね。ホロとロレンスが夕陽でミューリとコルが朝陽、効いてるなぁ。

こちらはとにかくミューリの際立ったキャラが全て、かな。大変魅力的で、彼女を見てる感覚でぐいぐい惹きこまれてしまう。

同時に、こちら側の青さというか青春っぷりというか、つぼみ感というか…若さが眩しい!

関係性がありきのクライマックスからヒキまでの展開もよかった。

対比して輝くだけでなく、単体でも魅力がしっかりある、楽しみな新シリーズ!

 

| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電撃文庫「新約とある魔術の禁書目録 14」鎌池和馬
評価:
鎌池和馬
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
¥ 659
(2015-11-10)

JUGEMテーマ:ライトノベル

少年は『理想送り』を右手に宿す存在。』上条当麻の『幻想殺し』と、表裏一体でもあった。少年二人は、学園都市の暗闇で対峙した。極大のイレギュラー同士が、ついに激突する…!

(Amazonより抜粋)

 

 

まあ、いつもの「禁書目録」ですな。いや、インデックスが活躍した分、ちょっと原点回帰な部分があるのかも。

面白いかどうかって?そんなの、追いかけている人には不要なのです。面白かろうか面白くなかろうか、追いかけるのみ。

…とはいえ、主人公側がヒロインズをチーム化できていないので上里さんのヒロインズチームと対比できないのが最終的に問題というか乖離してしまった理由ではなかろうか…きっとチーム化していないほうが、鏡のような対比になってもうちょっと面白かったかも。

読者的にはネフテュスとかバードウェイ姉妹以外に、ピックアップしてほしいメインヒロインがいるでしょうというところも…ああ、魔術サイドだから出さなかったのか…そのあたりも原点回帰的なんかなぁ。

| ライトノベル | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
富士見ファンタジア文庫「デート・ア・ライブ 15 六喰ファミリー」橘公司

JUGEMテーマ:ライトノベル

独占欲の強い愛に飢えた六喰を、デレさせろ!?宇宙にいる六喰のもとへ辿り着いた士道。激戦の末、六喰の心を開くことには成功するのだが……。「むくと契る以上、おなごたちとは金輪際会わぬと誓うのじゃぞ」六喰に厳しい条件を突き付けられ――。

(Amazonより抜粋)

 

 

六喰の要望がよくよく考えると超普通なんだけど、厳しいこと言うなぁと思った時点で二次元ハーレムものに慣れすぎているのではないかと思ってみたり。

なかなかのロングシリーズになり、あーあるあるな「みんなが主人公を忘れている事件」をやりながらも、ここで反転十香と白折紙をピックアップさせるという、作品ならではの要素をぶちこんでくるとは、やるな…!面白かったし、理由もちゃんとしつつ伏線もガッチリ貼っていくなんて…。

絵も数が多く、チョイスも悪くなく、チームとしてよい方向が維持されているのかなと。

六喰を軸に、十香・折紙・琴里をチョイスということでやっぱりメインヒロインの座に近いのはこの3名ということなんだろうなぁ。

個人的にはヒキがもうわくわくで、ついに!ようやく!お気に入りの狂三さんが!これは17巻の表紙にも期待が高まる…!

 

| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/188PAGES | >>