CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< メディアワークス文庫「ビブリア古書堂の事件手帖 3 〜栞子さんと消えない絆〜」三上延 | main | MF文庫J「僕は友達が少ない 8」平坂読 >>
メディアワークス文庫「ビブリア古書堂の事件手帖 4 〜栞子さんと二つの顔〜」三上延
JUGEMテーマ:ライトノベル
珍しい古書に関係する、特別な相談―謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。その家には驚くべきものが待っていた。美しき女店主とその母、謎解きは二人の知恵比べの様相を呈してくるのだが―。
(Amazonより抜粋)



おおおおおお、キター!とラブ面での動きにニヤニヤしつつ、震災を取り込んだことに少し驚きもし、栞子と母との推理戦にやきもきし…今回も面白い!
本と人間関係のありようが時にディフォルメされ、時にリアルで、でもやっぱり最後のシーンが…ニヤニヤですわね…!
もう続きが気になって気になって仕方ありませんね!今回特に一気に1〜4まで読んでしまったので…余計に!次が楽しみ!
| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pakke-ju.jugem.jp/trackback/1482
トラックバック
「ビブリア古書堂の事件手帖4栞子さんと二つの顔」三上延
珍しい古書に関係する、特別な相談―謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。その古い家には驚くべきものが待っていた。 稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の膨大なコレクション。それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほし
| 粋な提案 | 2015/09/15 3:08 PM |