CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 電撃文庫「魔法科高校の劣等生 14 古都内乱編<上>」佐島勤 | main | 角川ビーンズ文庫「一華後宮料理帖 第三品」三川みり >>
カドカワBOOKS「蜘蛛ですが、なにか? 3」馬場翁

JUGEMテーマ:ライトノベル

マグマの海で火竜を退けた蜘蛛子を待ち受けていたのは、宿命の天敵・地竜アラバだった……! エルロー大迷宮の盟主に、蜘蛛子は覚えたての魔法で立ち向かうことになるが、全く歯が立たず――!?

(Amazonより)

 

 

だんだん間の人間界のエピソードと蜘蛛子(こういう表現なのね)の時間軸も近まり、はっきりと人間と戦おうとする女魔王が(蜘蛛子目線からすると)未来の蜘蛛子ということもハッキリと描かれて…でもまあどんどんどんどん自然に狂気に侵されていくような感じが凄味があって面白い。

さて、エルフ岡ちゃんの裏も含めて、どんどん明かされる伏線や事実と設定、先が早く読みたい〜〜!

| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pakke-ju.jugem.jp/trackback/2425
トラックバック