CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 富士見ファンタジア文庫「織田信奈の野望 全国版 22」春日みかげ | main | 集英社オレンジ文庫「千早あやかし派遣會社 二人と一豆大福の夏季休暇」長尾彩子 >>
角川ビーンズ文庫「一華後宮料理帖 第九品」三川みり

JUGEMテーマ:ライトノベル

「陛下のため」――朱西の離反の真意を知った理美。彼を取り戻したいという思いを深めながらも、朱西の葛藤の鍵・考仁と対峙した際、相応しい料理を饗せなかったことに迷いを覚えていた。そんな最中、考仁は宰相の地位を退くと宣言し、宮城を去る最悪の事態を迎えてしまい……!? もつれた感情がほどける第9弾!!

(Amazonより抜粋)

 

 

政治劇満載の中、本来の「料理」によって理美が問題を解決もしくはその糸口をつかむ、という大元が崩れていないので、安心して読める。

個人的には朱西派なので、なんとかならんのかなと思っているんだけど…。

考仁たちが皇帝〇〇〇こととなったので、ある意味では朱西は自由になれるようになったのかも?ということは?と期待してしまう部分も。

ヒキがかなり重要なシーンのように思えるので、さあ次が楽しみで仕方ない。

どうなるのかなあ。

| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pakke-ju.jugem.jp/trackback/2654
トラックバック