CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 角川ビーンズ文庫「一華後宮料理帖 第九品」三川みり | main | 集英社オレンジ文庫「千早あやかし派遣會社 仏の顔も三度まで」長尾彩子 >>
集英社オレンジ文庫「千早あやかし派遣會社 二人と一豆大福の夏季休暇」長尾彩子

JUGEMテーマ:ライトノベル

東京都武蔵野市、吉祥寺。昼間は人材派遣、夜からは妖怪派遣を生業とする会社で、あいかわらずバイトをしている超貧乏学生の由莉。ある夏の日、またもやいわくつきの品の浄化依頼が舞い込んでくる。これが、思いがけず大騒動へと発展してしまい…!?

(Amazonより抜粋)

 

 

思いのほかガールズレーベルみたいな展開…と思ったら、もともとコバルト作家さんなんですね、納得。

そういやあ、ヒロインのありようもヒーローのツンデレぶりもそれっぽいというかそのものですね。

今巻は序盤のゲストの人間と思いきや妖怪、のエピソードが1冊の雰囲気を一気に形作り…。

え、ヒーローの恋愛自覚早すぎない!?

思ったよりシリーズが長くないのか、それともコバルト路線推しなのか…?

個人的には好きな展開なので、長く続いてほしいところですが!

意外と恋愛が主になり、妖怪が出てくるけど妖怪モノのイメージが薄いのもこのシリーズの特徴になるかも。

| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pakke-ju.jugem.jp/trackback/2657
トラックバック