CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 角川ビーンズ文庫「アリアではじまる聖譚曲 絶対者は聖女にキスをする」西本紘奈 | main | 集英社SD文庫「テルミー きみがやろうとしている事は」滝川廉治 >>
小学館「ぼく、ドラえもんでした。涙と笑いの26年うちあけ話」大山のぶ代
JUGEMテーマ:本の紹介
声優時代を中心とした大山のぶ代の自伝。ドラえもんとの運命の出会いから、テレビや映画、藤本先生の思い出など、26年間の涙と笑いにあふれたエピソードをつづる。貴重な写真満載の「大山のぶ代グラフィティ」も収録。
(Amazonより)





版権ビジネスとして商業的にシステマチックになる前の、良い時代の、良い話が詰まっているなぁというのが一番の感想。
いま現在キャラビジネスに関わる仕事をしていると、ちょっと今では、どんなに想いがあっても出来ないことが昔は出来てたりするんですね…。
F先生とドラえもんへとの想いがいっぱいで、特にF先生がお亡くなりになったあたりのエピソードはホロリとさせられます。
実は思い込みだったらしいという訂正があとから出てきたり、まさに思い出しながらエピソードが順不同に語られる会話のライブ感満載だったり、事前に知らされたり解説が欲しい部分にそれが無かったりと技術的にはちょっとアレですが…まぁ、もうここまで来ると野暮って言われそうなことなので、しょうがないんでしょうなぁ。
いい本ですよ、想いが詰まっている。
| アニメ関係(書籍) | 03:32 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 03:32 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pakke-ju.jugem.jp/trackback/481
トラックバック
ドラえもん映画
今日は朝一番で子供とドラえもんの映画を見に行ってきた。「のび太と鉄人兵団」リメイク版であるにもかかわらず、原作や旧作とは違う脚本と演出。うまくまとめてます。ドラえもんフリークのわたしもうならされました。やっぱりドラえもんは安心して見られる。自分を犠
| にたろうの退屈な日々 | 2011/03/28 11:27 PM |