CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 電撃文庫「私立!三十三間堂学院 9」佐藤ケイ | main | ぺりかん社「なるにはBOOKS53 声優になるには」山本健翔 >>
B’s‐LOG文庫「天啓のパルティア 星の花嫁が祝福する」真朱那奈
JUGEMテーマ:本の紹介
《黄昏の王》セリオンが眠りにつき、《母なる原始の竜》が目を覚ます――ガイエンの陰謀により、世界の終焉は着実に近づきつつある。太陽の王と月の姫巫女、そして凶星の申し子と、大地を担うべき「人間」たち…… 感動の完結編!
(Amazonより抜粋)





シリーズ5冊目で完結編。
展開そのものは大きな不満は無い…クライマックスなので、ある意味予定調和の中で盛り上がって読み手をちゃんと楽しませてくれる。特にイラストはちょっと気合が違う感じの挿絵が多く、絵だけでも楽しめる。
本編内容的には色々と片付けないといけない問題が溜まってしまったので、ひとつひとつ「凌いだ」という感じにもなってしまったのは残念。
ヒロイン・パルティアのキャラ性なのか作者の問題なのか、余りにも一般庶民に目が行かない作品なので、どことなく常にふわふわと足場が無い感覚があるが、これはもう仕方ないかなぁ…。
| ライトノベル | 06:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 06:02 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pakke-ju.jugem.jp/trackback/486
トラックバック