CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
角川ビーンズ文庫「一華後宮料理帖 第三品」三川みり

JUGEMテーマ:ライトノベル

理美は皇帝・祥飛の心身を癒やすため、専属のお夜食係に任命される。一方、理美への恋心を自覚した朱西は自分の気持ちを封印しようとするが…?この恋は、忘れないといけない夢だった―。3人のせつない想いが交差する、第3弾!!

(Amazonより抜粋)

 

 


三川みりといえば、とにかくヒロインとヒーローの二人に恋愛模様を絞り、淡い想いからトラブルや自覚を経ての熱い感情への鉄板恋愛作品を書く作家という印象だが…ああなるほど、この方が三角関係を描くとこうなるのか…!
もう読み始めたら一気に読むしかない!たまらん!
いやいやわかるけどしかし皇帝の人間的成長著し過ぎでしょう!とか、四夫人の予想もしていなかった大活躍とか、料理人たちのいい意味でのかわいさとか。
でも伏線は四夫人…特に鳳家…これはまだあるで…場合によってはクライマックスまでな…!
もうねーほんとにねー、なんとかしたってよ朱西をさぁ…と思っていたら、まあ一気に大きな物語が進みそう。
伏線っぽいのがちらほらあるので、ああたぶんこういう感じかな?と展開や設定の予想はしやすいものの、さてさて…?
でも今回は決め手がカレーまんってのがいい。
カレーまん買いに行きたくなる。

| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カドカワBOOKS「蜘蛛ですが、なにか? 3」馬場翁

JUGEMテーマ:ライトノベル

マグマの海で火竜を退けた蜘蛛子を待ち受けていたのは、宿命の天敵・地竜アラバだった……! エルロー大迷宮の盟主に、蜘蛛子は覚えたての魔法で立ち向かうことになるが、全く歯が立たず――!?

(Amazonより)

 

 

だんだん間の人間界のエピソードと蜘蛛子(こういう表現なのね)の時間軸も近まり、はっきりと人間と戦おうとする女魔王が(蜘蛛子目線からすると)未来の蜘蛛子ということもハッキリと描かれて…でもまあどんどんどんどん自然に狂気に侵されていくような感じが凄味があって面白い。

さて、エルフ岡ちゃんの裏も含めて、どんどん明かされる伏線や事実と設定、先が早く読みたい〜〜!

| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電撃文庫「魔法科高校の劣等生 14 古都内乱編<上>」佐島勤

JUGEMテーマ:本の紹介

『全国高校生魔法学論文コンペティション』の季節がやってきた。古都を舞台とした謀略と暗闘。魔法師開発の歴史の裏で燻り続けてきた因縁に、達也と深雪とその仲間たちが挑む。

(Amazonより抜粋)

 

 

今回もまあそんなに変わらない感じの1冊ですが、しかしいくつか気になるのはサブヒロインたちの動き。

水波が地味に役に立っているのと、大学生になって出番がなくなったかと思いきや、いきなり水着イラストで再登場の真由美。

正直、妹とラブコメするの、本気で嫌なので…頑張ってほしいなぁ…。

 

| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カドカワBOOKS「蜘蛛ですが、なにか? 2」馬場翁

JUGEMテーマ:ライトノベル

韋駄天の俊足と蜘蛛糸の罠を駆使して魔物を倒せるようになった「私」。調子に乗って、脱ダンジョン! と新たなエリアへ飛び出したはいいけど……そこは蜘蛛糸の天敵、炎に覆われ火竜が闊歩するマグマの土地だった!

(Amazonより)

 

 

もしかして、1巻はまだ下書きのままだったかも…。

超面白いシリーズ。全然女子高生ぽさはなく、中身おっさんだよねこのヒロイン。

弱小の蜘蛛モンスターからレベルアップと進化で少しづつ強くなり、とうとう別人格までコントロールしながら龍まで倒すスゲー奴に。

人間の知能がそもそもチートという意味では、最初から異世界で鉄砲つくりあげたりするより納得しながら読めるよね。

あと正直、違和感なく読んでた合間の人間世界のエピソード、時間軸がズレてるのにようやく気が付きました。

そういう“答え”をちゃんと出してくれるあたり、してやられた感。ええ、読解力がないですね。

ヒロインがフラットな感覚でいるようでいて、どんどん堕ちてるというか麻痺していく感覚があり、なるほどこれは…先々どうなるのだろうと、1巻の時と違う面でも先が楽しみ。

あと表紙と違って挿絵が意外と可愛くてほっこりするのもいいアクセント。

というか本編の内容そのものだけど、火竜と戦う蜘蛛の表紙絵、すごい違和感あるよね…いやいい意味でってことになるんだけど。

 

 

| ライトノベル | 04:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
長久手市「某大学の学食」醤油ラーメン
醤油、みそ、塩、豚骨から選べる330円。
チャーシュー、シナチク、なると、ワカメ、ネギと思いの外に具が多い。
普通の麺ながらもちゃんと注文受けてから大鍋で一気に茹でるので、ぷりぷり感がある。
スープは若者向けだからか?タレと塩気が強くて…とにかく塩辛め。
食べ進めるとスープの塩辛さがじわじわ効いてくるので、見た目そうではないけど、富山ブラックみたいな…ご飯いるねこれ。
シナチクも味付きのやつなんだけど、完全にスープの塩気に負けてて味が無いくらいの印象。

若ければ、これとカレー単品でガッツリ…なんだろうなぁ。いいなぁ。

| ラーメン | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電撃文庫「魔法科高校の劣等生 13 スティーブルチェース編」佐島勤

JUGEMテーマ:ライトノベル

今年の『九校戦』はひと味違っていた。新種目『スティープルチェース・クロスカントリー』への対応が急がれる中、九校戦を舞台に新たな陰謀が企てられる。

(Amazonより)

 

 

いやー、相変わらず酷い。ブレないねーこの酷さ。

前巻などの1年生の描写はなんの為なのかわからないくらい、九校戦の競技シーンはばっさりカットでお兄さま以外はロクに出てこず、結果のみの表示。

結局は九校戦を出汁にした裏側での大人の暗躍とそれを覆すチートなお兄さまカッチョエエ、ってやりたいのをド直球にやっただけなんですよね…もう少し全体のバランスというか、構成を考えてもいいと思うけど…。

あと本当にスティーブルチェースって危険だったの?見えない見えないって事前に何回も書いてあったけど観客は超見てたよね?単なる障害物競走を…そういう、目的以外のところが超おざなりなの、編集さんでコントロールしないのもどうかなぁ。

| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ルルル文庫「乙女なでしこ恋手帖 字のない恋文」深山くのえ

JUGEMテーマ:ライトノベル

借金の形として貸金業「大つき屋」の長男・要と結婚した16歳の千鶴。たおやかだが芯の強い少女・千鶴と、無愛想だが実は誰よりも優しい青年・要の、政略結婚から始まる大正浪漫の香り高い恋物語!

(Amazonより抜粋)

 

 

今回はルルル文庫から発行ですが、シリーズの前2冊はルルル関係の、書店だと漫画扱いの新書サイズでの発行。

しかも、なんと前巻から5年ぶり…。

ぶっちゃけ終わっていたシリーズが、読者のファンレターなどの反応が長く続き、更に熱意ある編集者の行動でついに、我々読者の前に続編が登場したのです…むしろそれを物語化していいんじゃないだろうか…胸熱!

Twitterとかで様々な作家さん漫画家さんが、

「とにかくファンレターでもメールでもアンケートはがきでもいいので、“つぶやき”で終わらせずに声を届けてほしい」

とつぶやいていますが、まさにその証明となる1冊です。

本編はシリーズファンならもう納得のベタ甘エピローグ的エピソード。

千鶴のヒロイン力が存分に楽しめます。

終盤で続編への可能性も示唆されて終わっているので、これは是非また期待したいところ。

待ってますよ!

| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
電撃文庫「狼と香辛料 19 Spring Log2」支倉凍砂

JUGEMテーマ:ライトノベル

賢狼ホロと宿屋の主人となったロレンスの、旅の続きの物語、第2弾が登場。コルとミューリが旅に出てしまい、湯屋は慢性的な人手不足に。電撃文庫MAGAZINEに掲載され好評を博した短編3本に加え、書き下ろし中編『狼と香辛料の記憶』を収録!

(Amazonより抜粋)

 

 

いやあ、良かった。ほっこり。

表紙のとおりで、まあラブラブなままで素晴らしい。

間に挿入されたコルとミューリのエピソードはカリっと甘酸っぱい青リンゴのごとく、ホロとロレンスはとろっとろの完熟した桃のような甘さのごとく。

読んでいて幸せな時間、たまらん…。

コルとミューリより、ホロとロレンスの方が馴染むのは、キャラと接してる時間の問題なのか、読者たる私の年齢と環境なのか…。

いいなあ、ロレンス。

 

| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
豊田市「麺創なな家」冷やし山六そば
う、うまーっ!
ほうれん草、エビ、チャーシュー、半玉 自家製の平らな麺と和風のスープが合う!
冷やしの物足りなさとか全くなし、うまっ!
喉越しが素敵で噛まずに飲んじゃう…。
鶏ハム2枚と牛1枚かな、豪華!
エビがまたぷりぷりで歯応えが良い。

卓上にはXOジャンと柚子ひちみに刻みニンニク。
メニューにある通り、柚子ひちみがでら合う!

ランチサービスのコロッケは揚げたてのタイミングになってホクホク。

このラーメンにはご飯は合わない、ラーメンだけでキマる。
ので、コロッケあってよかった。

いやあ、完成されたというか、1杯にキチッとまとまってるというか…そんな感じ、美味しい…。

| ラーメン | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
名古屋市中区「響二代目」油そば
もやしに刻み海苔にシナチク、チャーシュー。
今回はぴあのクーポンで温玉も。
更に並料金で大盛りも可能なので、大盛りに。

硬めの太麺が食べ応えあり、ただし具が少ないので混ぜてもとにかく麺。
温玉が崩れて麺と絡み、クリーミィで良い。
タレは少し醤油辛いかな?
でも一緒に出してくれたカレー粉や酢との相性が良く、箸が進む。
追い飯はそもそもランチタイムはご飯がセルフなので、気軽にできる。
追い飯にカレー粉振っても楽しい。
ランチタイムのセットは鉄板焼き餃子が4個で100円がオススメかな?

| ラーメン | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/239PAGES | >>