CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
電撃文庫「魔法科高校の劣等生 28 追跡編(上)」佐島勤

JUGEMテーマ:ライトノベル

光宣による水波の奪取を許してしまった深雪―。それぞれの思惑を抱いた、達也、十師族、さらに九島烈の仇を討たんとする通称「抜刀隊」が光宣の大追跡を開始する!!そんなとき、フリードスーツを纏い空を疾走する達也に魔の手が迫っていた。

(Amazonより抜粋)

 

 

リーナの再活躍と、今回は何とお兄さまの苦戦が描かれた珍しいエピソード。
とはいえ、いつも通り…いや水波がいなくなり歯止めの効かない兄妹イチャコラで、リーナならずとも砂を吐くよう。
しかし水波の超ヒロイン化は思ってもみずというか、まだ続くのか?という感じ。
下巻ではどうなるのでしょう…苦戦してみたけど、やっぱりかるーく解決しちゃうのかなぁ。

| ライトノベル | 23:55 | comments(0) | - | pookmark |
電撃文庫「乃木坂明日夏の秘密 5」五十嵐雄作

JUGEMテーマ:ライトノベル

待ちに待った修学旅行──の前に、空港限定ソシャゲイベントを楽しむ明日夏と善人。出発前からいい雰囲気な二人を横目に、一方の冬姫もある決意を胸に秘めていて……恋の三角関係に波乱が巻き起こる――!?懐かしの「あの人」も登場して、“めもりある”も盛りだくさん?? 北の大地の大騒動!!!!!

(Amazonより抜粋)

 

 

口絵のサブヒロインズ花鳥風月が、いいですなあ…。
本編は変わらずの激甘ラブコメで変わらぬテンションながらも、「春香」よりも展開が早いかな?という事はあまり長くはならないのか…?
いまのティーンはこの類はどうなのかしら。
おっさんは前作からの流れだからなあ…。
個人的には、もうカウンターヒロインは存在しえない状況なので、冬姫を持ち上げないでほしいな、可哀想なので。

| ライトノベル | 21:13 | comments(0) | - | pookmark |
電撃文庫「ストライク・ザ・ブラッド 21 十二眷獣と血の従者たち」三雲岳斗

JUGEMテーマ:ライトノベル

第四真祖の力を手放し、ただの人間に戻った古城の前に現れた第一真祖キイ・ジュランバラーダが、意外な取り引きを持ちかける。無理やり植えつけられた眷獣の影響で、理性を失い、怪物化する古城。残された雪菜たちは、眷獣を制御するために必要な十二人の“血の伴侶”を集めるべく奔走するのだが―。

(Amazonより抜粋)

 

 

サブヒロインズ総登場、12名の嫁の座は誰と誰に!?

というのがアオリな訳なんだけど、そもそも正妻ポジの姫柊さん推しなので、あまり誰が何番、みたいのは気にしてなかったり。
ちょい驚きなのは、カウンターヒロイン位置がカス子になってたところ(バニー姿)かなあ。
かなり駆け足をした印象の構成で、サイドエピソードをつくりやすい構造の本編だったので、様々なメディアミックス展開で外伝を流用できそうなのも小憎らしいほどお上手。
(本編完了後の外伝集にはここのサイドエピソードのひとつは入れてきそう)

とはいえ、ラ・フォリアが突然出てきてるので指輪を持っていないのでは?とか、この展開だと、以前に登場した娘たちはかなりの姉妹兄弟もちなのでは…?とか、まだまだ伏線っぽいことも多いので、次が楽しみ。

| ライトノベル | 23:55 | comments(0) | - | pookmark |
HJ NOVELS「異世界料理道 14」EDA

JUGEMテーマ:ライトノベル

サイクレウスとの因縁を絶ち切ったアスタと森辺の民たち。アスタによる新メニューで屋台が活気づく中、元凄腕料理人のミケルが娘のマイムを連れてくる。彼女の料理の腕前はアスタを唸らせるほどで…。大人気異世界料理ファンタジー新章突入の第14巻!!

(Amazonより抜粋)

 

 

サイクレウス編が終わり、新たな日常と新たなサブキャラがタイトル通り「料理」を盛り上げてくれてて、まあ楽しいこと!

表紙もこれまではウエストアップくらいのキャラのアップ気味の構図が主体だったのだが、今回はかなり引いた構図で、これも新章を象徴した感じ。
アイ=ファは変わらずの天然イチャコラしてて読んでて嬉しいし、推しのレイナ=ルウの大ぶりの挿絵!に新たな面も出てきてまた嬉しい。
1冊はざっくり本編とキャラ毎視点の外伝短編集で1/2づつ…3/6と1/6と1/6と1/6くらいのボリューム。
それにしても、ダン=ルティムのおやじさん、人気あったのね…。

| ライトノベル | 22:55 | comments(0) | - | pookmark |
HJ NOVELS「異世界料理道 13」EDA

JUGEMテーマ:ライトノベル

サイクレウスの要請により、森辺の民と貴族の会談の場に同行することになったアスタ。待ち受けるサイクレウスを前に、真実を明らかにするための会談がついに始まる。そして、森辺とジェノスの関係を決定づける瞬間がついに―!!

(Amazonより抜粋)

 

 

サイクレウス編の超クライマックス!
ますますページをめくる手が止まりませんよ…!

序盤からいきなりサイクレウスとの接見、そこから映画さながらのアクションシーンと、最初からクライマックスだぜ…!

中盤は新たな領主との晩餐会…が貴族の料理人とアスタの料理バトル。

中盤を読んでいてふと気が付いたんだけど、変な話、料理ものの漫画や小説として、13巻に至るまで、ほぼ料理対決ナシでやってきたのって、結構珍しくて凄いことなんじゃないだろうか…!

料理対決の落としどころが逆に料理ものとしては非常にオーソドックスなものだったので、ちょっと拍子抜け感は否めないんだけど、そもそも対決なんて初めてなんだから、そりゃこうなるでしょ、という感じ。

そしてサイクレウス編としてはここで一つの区切り…新展開が楽しみですねぇ…!

| ライトノベル | 22:55 | comments(0) | - | pookmark |
HJ NOVELS「異世界料理道 12」EDA

JUGEMテーマ:ライトノベル

リフレイアの元から助け出されたアスタは、戻ってきた日常の中で、森辺の民だけではなくジェノスの人々との絆も実感する。そして、サイクレウスとの会端を数日後に控えながら、屋台を再開させるアスタだったが、ドンダ=ルウから会談前夜の晩餐を任されることになり―。

(Amazonより)

 

 

嵐の前の静けさ、というべき、取り戻した日常で、料理の発展普及とスン家の問題を並行して進めていく。

シュミラル退場後、運命を同じくするかのように出番のめっきり減ったヴィダ=ルウのシーンは良かったなあ。

あとまるっきりムーミンのミイをモチーフにしたツヴァイや、表紙にまで進出したヤミルなども良いシーンが多い。

挿絵はルウ家姉妹とアスタのシーンが多く、これは意図的なんだろうなぁ。

ララ=ルウの、アスタにではなく登場キャラとしてのデレぶりが可愛らしく、そして恋愛的表現が多いので、これは先々のアスタたちへの布石であろうか…?

展開としては比較的平穏ながら、今巻もページをめくる手が止まりませんでした。

 

| ライトノベル | 00:00 | comments(0) | - | pookmark |
HJ NOVELS「異世界料理道 11」EDA

JUGEMテーマ:ライトノベル

偽森辺の民事件の真相を追いながらも、新メニューを開発しつつ屋台を続けるアスタ。膠着状態が続くと思われたその時、アスタは何者かにさらわれ、気が付くととある屋敷の一室で目を覚まし―。

(Amazonより)

 

 

10巻に引き続き、カラー口絵と本編内p245,246か無残にも切り取られている…ちなみに図書館に問い合わせたら、市外から取り寄せて借りなおすことはできるが、この破損させられた本そのものを買いなおすことはないとのこと。

それってどうなの?

さて本編は、急展開。

(以降ネタバレ含み、ご注意)

 

 

冒頭で拉致られたアスタは、下町から一気に貴族と接触。

バターやミルク、野菜など新しい素材や料理人系の新キャラなどどんどん世界が広がっていく。

更に事件も9〜10巻で登場した新キャラで解決の糸口を見つけ出していく。

いやあ、それにしても、本編の最終回ですと言われても納得できるほどの盛り上がり、クライマックスで彼女の登場した時の、文字だけでももう大興奮ですよ。

最高にドキドキしてワクワクしてぺーじをめくってめくっておりました…。

堪能…満足…!

そしてヒキのシーンも幸せなこと限りなし。爆発してしまえ!

あと、今回の“箸休め”もとても良かった…!これぞ外伝短編!

| ライトノベル | 23:55 | comments(0) | - | pookmark |
HJ NOVELS「異世界料理道 10」EDA

JUGEMテーマ:ライトノベル

領主・サイクレウスとの話し合いが混迷を極める中、新たに浮上した因縁"赤髭党"とその生き残りであるジータ、何らかの突破口を探しながらも屋台を続けるアスタたちの下に飛び込んできたのは、森辺の民の格好をした何者かが狼籍を働いているという情報で……。

(Amazonより抜粋)

 

 

図書館で借りたんだけど、カラー口絵が切り取られてる!

絵が気に入ったんだろうけど、本読みとしては本を傷めつけるなど最低だと思う…。

さて本編は、街での新展開の続き。

料理面では、ついにギバ肉の料理ではなく肉そのもののままでの卸がはじまったり、卸先が増えたり。

キャラは9巻でリストラされたメンバーと入れ替わりに城下町に出入りする商人の娘や城下町の元料理人などが登場し、より発展しているはずの町や貴族との関りに向けて進んでいく感じ。

なによりアイ=ファとの距離がどんどん縮んでいくのがたまらない。

いいぞ、もっとやれ。

ルウ家がわけわかんなくなってきたし、キャラ紹介が欲しいなあ…。

 

 

| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |
青い鳥文庫「若おかみは小学生! PART3」令丈 ヒロ子

JUGEMテーマ:ライトノベル

“春の屋”に大ホテルチェーンのあととり息子・三木が泊まりにくる。三木に「温泉旅館が大ホテルにかなうわけがない」と言われ、おっこは発奮。このときばかりは、とライバルの真月も協力を約束、花の湯の名誉ばんかいに立ち上がる。

(Amazonより抜粋)

 

 

TVアニメ版でもあったな…と思い出しつつ久しぶりに原作を読んでみたものの、これって15年ほど前の作品なんですよねえ。

携帯とかスマホというツールは小学生は持ってたり持ってなかったりするので、まだまだ通じる世界観とヒロインの一本気なところは近年のガールズレーベルの主人公(ヒロイン)にも繋がる普遍性があって、表層的に流行りに乗らない根っこのある作品は強いなと。

アニメ版を見ていたので、おっこと真月の声が脳内再生されるのも楽しい。

…あんまり覚えてないんだけど、ヒキのアイテムってあったっけ…?TVアニメ版ではカットされてたかな??

| ライトノベル | 05:35 | comments(0) | - | pookmark |
HJ NOVELS「異世界料理道 9」EDA

JUGEMテーマ:ライトノベル

ついに領主サイクレウスと森辺の民の会合が開始され、過去の事件とスン家の因縁が白日の下となる日も近づいていた。一方、ようやく屋台を通常営業することが出来るようになったアスタは、友人・シュミラルの所属する銀の壷が、次なる商談の旅に出ることを知る―。

(Amazonより)

 

 

さらなる新展開となる、城下町への進出の布石となる商人の娘の新登場と、下町での常連集団2つのリストラがあって、さて10巻はどうなるのかなあ…と。

シュミラルは好ましく描かれていたキャラだったので、再登場を期待したい。その時はヴィナ=ルウが幸せになるといいなあ。

アイ=ファのメインヒロインとしての可愛さの追及は留まることなく、トトスの可愛がり方とか…いいですな。

食材としては、さらっと出てきてた醤油に前巻のチーズと続いて今巻ではキムチ(と似たようなもの)が登場。

だんだん登場する素材が雑というか出来合いになりつつあり、新料理の想像がつきやすくなってきたのが気がかり。

とはいえ食材としてのギバ肉、豚肉か猪肉となると、あとは、かんすいを見つけてポイタン麺をつくってラーメンに進むしかないか…。

それは城下町に進出してからかな?それともユーミの宿かな?

 

| ライトノベル | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |
<< | 2/207PAGES | >>